キャットフードの種類とそれぞれの特徴点・まとめ

現在、店頭やネットではさまざまな種類のキャットフードが販売されています。また、ネット上には、ネコちゃんへの手作りごはんサイトが登場しています。では、ネコちゃんにはどのようなごはんをあげればよいのでしょうか。それぞれの特徴をまとめてみました。

【1.ドライフード】

一般的にこのタイプのキャットフードを与える方が多いと思います。ドライフードの多くは、「総合栄養食」という名目で販売されており、ドライフードとお水があれば、ネコちゃんは健康的な生活ができるからです。では、ドライフードにはどのような特徴があるのでしょうか。

まず大きなメリットは、ネコちゃんの健康のために必要なすべての栄養素がバランスよく含まれているところです。特に、動物が生きて上で必要なのに、ネコちゃんの体の中では生成されない「タウリン」と呼ばれる栄養素がたっぷり含まれているところです。「タウリン」は栄養ドリンクに入っていることでお馴染みかと思います。

この「タウリン」が不足してしまうと、目や心臓に障害が出ると言われています。具体的には視力が極端に低下したり、心臓病で亡くなってしまう事があるのです。ちなみにこの成分、ドッグフードにはほとんど入っていません。ワンちゃんは、自分の体の中で「タウリン」を生成することができるからです。なので、ネコちゃんとワンちゃんを一緒に買っているご家庭で、ドッグフードをネコちゃんに与えるのはご法度です。

また、ドライフードにはネコちゃんがかかりやすい尿路疾患(FLUTD)予防のための成分が含まれています。ネコちゃんは、膀胱炎をはじめとしたおしっこに関するトラブルを抱えやすい動物だからです。
デメリットとしては、味が単調になってしまうところです。

【2.ウエットフード(缶詰め・パウチ製品)】

ウエットフードは形状や味が豊富で、ネコちゃんが好むものを与えられます。また、1食相当分に小分けされており、水分も多く含まれているので、水をあまり飲まないネコちゃんでも体内の水分量を補給してあげられます。

ウエットフードには、総合栄養食として販売されているものもありますが、基本的にはドライフードのトッピングとした目的で販売されている場合が多いので、ウェットフードだけで全ての栄養素を賄うのは一般的には難しいです。

ただ、食欲ないネコちゃんに与えるときには、電子レンジなどで少し温めてあげると香りが増し、ネコちゃんが食べてくれることがあります。

【3.手作りごはん】

手作りごはんは作るのに時間がかかる分、愛情たっぷりのごはんをあげられるのがメリットです。また、飼い主さんが材料を選ぶ段階からかかわるので、新鮮な食材を与えられ、食品添加物が入っていない安全な食事を与えることができます。また、体調の悪いネコちゃんには、食べてくれるものを選んで与えたり、食べやすく加工するなどの工夫ができる点も特徴です。

一方、手作り食では栄養面でのコントロールが難しいところが難点です。なので、手作りごはんをあげる場合でも、週に1回程度がベストというのが、一般的のようです。また、ネコちゃんによっては、せっかく作った手作り食を好まない子もいます。手作りごはんについては下記サイトでも詳しく触れているので参考にどうぞ。

http://xn--t8j4aa4n8hye9ai1i6fzl.biz/

【さいごに】

ネコちゃんのごはんと一言に行っても、様々な形があってそれぞれに特徴があります。総合栄養食と書いてある市販のフードを中心とした食事を与えることで、元気なネコちゃんと長く一緒に過ごせるとよいですね。

猫が餌を食べない時に読んで下さい!

一般的に、猫はあまり餌を一度に多く食べないというイメージがありますよね。
確かに猫は、与えられた餌を少量ずつを何度かに分けて食べたり、日によって食事量に差異を伴うムラのある食べ方をしたりする傾向が顕著です。
とはいえ、ある日突然、何も食べなくなってしまうと、もしかしたら病気になってしまったのではないだろうかと、飼い主としてはやたらと不安ばかりが募ってしまいます。
しかし、そもそも猫は繊細な動物ですから、ちょっした変化に影響されて、餌をまったく食べなくなってしまうということも、実は間々あるのです。

たとえば、猫は食事の際、嗅覚を最大限に活用して、その餌が「食べられるものであるか否か」を判断します。餌としての匂いをしっかりと確かめた上で食事するわけです。
ところがキャットフードが古くなって来たりすると、餌が本来的に有していたはずの美味しそうな匂いが見事に消失してしまいます。特にドライタイプのキャットフードに関しては、きちんと密封しておかないと、すぐにその匂いが薄まってしまうのです。せっかくの猫の食欲を削いでしまわないように、普段からしっかりと「鮮度」を保つ形で餌は保存しておきましょう。

また、これは人間にも言えることですが、毎日同じものばかりを食卓に並べられては、食べたいという意欲も一気に失せてしまいます。「この子はこれが大好きだから」と、いつも同じメーカーの同じキャットフードを与えていると、その味に猫が飽きてしまい、ぴたりとまったく食が進まなくなってしまうことがあるのです。
この場合の対策は簡単です。今までとは違うタイプの餌をあげてみてください。食欲がすぐに戻るはずです。色々な献立を考えるような感覚で、バラエティに富んだ餌を用意しておきましょう。

一方で、餌を今まで与えていたものから変えてしまったことによって、急に一切食べなくなるという事態も時として起こります。猫は非常にきまぐれで、そこが魅力のひとつなのですが、大好きだったごはんじゃないのなら食べない(食べたくない)という気持ちを如実にアピールするわけです。ですから、餌を変えた途端に食べなくなったという場合は、改めて餌を元のものに戻してみてください。

飼い猫が爪をとぐには訳が有る!飼い主が出来る事は有るのか!?

ネコが爪をとぐ行動には本能的な様々な理由が隠されています。

ネコの爪は層になっていて、外側から薄くはがれ新しい爪になる仕組みになっていて、爪をとぐことで鋭くきれいな爪を維持することができます。
万が一敵に襲われたとき、すぐに鋭い爪を使えるように、また、逃げる際にきちんとひっかけられるように、普段からメンテナンスをしているのです。

また、肉球には臭腺があり、爪をとぐことで自分の縄張りににおいを残しマーキングします。より高い位置に力強く残すことで体の大きさ、強さをアピールしているのです。

さらに、飼い猫によくあるのが気を引く行動です。飼い主や周りのネコなどに自分をアピールする際にも爪をとぐしぐさを見せます。また怒られたとき、失敗したときなども恥ずかしさや緊張を和らげるために爪をとぐこともしばしば。いろんな意味がこめられているのです。

そんなネコたちの爪は飼い主さんがきちんと管理することが大切です。

人間と一緒にお家に住むにあたって一番重要なのが家具や壁などでの爪とぎ防止です。爪とぎは本能的な行動なのでやめさせることはできません。まず爪とぎをしていい場所を準備してあげましょう。市販の爪とぎ器には段ボール、絨毯、シリコンなど様々な素材のものがあります。形や素材によって使わないこともあるのでネコの好みに合うものを選んであげるとよいでしょう。

その次に爪切りです。動物用(ネコ用)の爪切りで適度な長さに整えてあげましょう。これだけで万が一家具や壁などへ爪を当てたとしても影響がかなり違います。

爪を切るときは深爪にならないように特に黒い爪の子は慎重に切りましょう。もしも血管を切ってしまったら、血が出ますが市販の止血剤があれば安心して止められます。しかしネコ自体が「爪切り」=「痛い」と思い、嫌がるようになってしまい、元通り慣れるまでは時間がかかります。

爪切りをするにあたって爪の状態や肉球の状態、指や周辺の毛の状態など普段見えない場所の確認ができます。飼い主さんがネコの健康管理を行う為にも定期的に爪をチェックしてあげることが大切です。

野良猫のブロック塀の通路を遮断する「野良猫シャット」

野良猫というのは人間が通れないような、どんなに狭く危険な場所でも、自分の道にしてしまいますので厄介です。

ブロック塀の上というのは、猫にとっては通りやすい環境であり、確実に野良猫の道になっています。ブロック塀の通路を遮断してしまえば、よそから敷地に入って来て、粗相や悪さをすることはなくなっていくことは考えられます。
だから野良猫対策としては、ブロック塀の上に猫の進入防止のための忌避剤「野良猫シャット」を使用してみましょう。

この製品はジェル状になっていて、チューブに入っています。ブロック塀の上に塗っておくことで、野良猫が香りを嫌がりますし、ジェルを踏むとベタベタと足についてしまい、嫌がることになります。一度踏みつけると、ずっと避けるようになるので、敷地に近づけない効果があります。

ブロック塀の上に直接的に塗布しておいても構いませんし、シートを取り付けた上に、野良猫シャットを施工することもできます。庭木や通行人に配慮するということなら、工夫する必要はあります。

問題点としてはブロック塀の上に塗布するとき、猫が歩けるスペースが残っていると、野良猫よけにはならないということです。猫は賢い動物なので、障害物はよけて歩くことができるのです。

従って、ブロック塀の長さがかなり長いお宅の場合には、野良猫シャットは1つ購入しただけでは足りないでしょう。1つのチューブで2000円以上もしますが、数個は購入しておくことです。

一度使用すると、2ヶ月以上は効果がありますので金銭的にはそれほど大きな負担とはならないでしょう。

猫は一度通ることを嫌がると、ずっとそれを覚えていて通りたがらないという習性もありますので、3~4ヶ月ほどは効き目が期待できます。ある程度月日が経過したら、新たに塗布しておくことは必要になります。

猫壱 キャットトンネルを買ってみた結果

キャットトンネル

うちの猫は完全室内飼いなので、ストレス解消のために部屋の中で楽しく遊べるグッズを探していました。

キャットタワーは場所を取ってしまうし処分する際も面倒そうだし、何か良いものがないものだろうかとネットで検索していたところ、このキャットトンネルを見つけました。

キャットトンネル

この商品、値段もお手頃(1500円程度)で、猫の行動パターンを非常に良く研究している商品とのことでした。

ツメが引っかかりやすい柔らかい不織布の素材でできており、猫のキャラクターに合わせて多目的に遊べるという点と、使わない時はコンパクトに畳めるというのも購入の決め手になりました。

気に入りすぎて半年単位で買い換えるはめに・・・

購入直後はあまり関心を示しませんでしたが、人間が外出している時に退屈しのぎに遊びだしたようで、今ではかなり気に入っている様子です。

丁度ぎりぎり走り抜けられるくらいのトンネルの大きさで、ダダーっとダッシュしながら駆け込んだり、トンネルの中で寝ていたり(タオルを敷いています)、自分で破った穴から前足を出したり顔を出したりしています。

ツメが簡単に引っかかる、柔らかな不織布の素材でできているので、猫にとっては布をビリビリ破る感じとか、ツメで「バスッ」と穴を開ける感じがたまらないんだろうな~と思います。

だいたい、半年くらいでトンネル全体がボロボロになるので、新しいキャットトンネルを買い換えています。

私の猫の可愛い所♪

私が何かを夢中でやっている時に限って、わざと目の前にやってきてドーンと座り込み、邪魔をします。

「ボクをもっと見て!構って!」とでも言いたげな様子です。

あと、私がお風呂に入っている時も、必ず後から風呂場に入ってきて、一緒にいようとします。(といっても猫は風呂蓋の上に座っているだけですが)

運動不足のキジトラにキャットタワーをプレゼントした結果

キャットタワー

うちは雑種のキジトラを室内で飼っているので、どうしても運動不足になってしまいます。実際、避妊手術を受けてからはかなりおデブちゃんになってしまいました。

カーテンレールの上に登ったりたんすにのったりはしていましたが、もっと運動できるといいなと思って、天井と床に突っ張らせるタイプの大きなキャットタワーを購入しました。

キャットタワー

棚や巣箱みたいな形の部屋が中段に付いていて、見た目も面白くて遊び甲斐がありそうだったのが選んだポイントです。爪研ぎのできる素材も使用されており、よく考えられているなあと思いました。

とにかく高いところが大好きなうちの猫なので、きっと喜んでくれると思ったのです。

慣れだしたらキャットタワーが定位置に~

最初の数時間はは遠巻きに眺めていて、自分からは近づこうとしなかったのですが、すぐに慣れて遊び始めました。

たたたたっと駆け登ったり降りたりを繰り返していました。

爪研ぎも気に入ったようでカリカリカリと音を立てて爪を研ぎました。

しばらく好きにさせておいたのですが、あれ静かになったなあと思ったら一番高いところの棚の上で眠っていました。その寝姿があまりにも可愛らしかったので、購入してよかったなあと思いました。

それからはキャットタワーの上がうちの猫のお昼寝の定位置になって、昼間はいつもそこで眠るようになりました。

睨む猫

うちのキジトラはお利口さんなのです!

いまではすっかり肥満で6キロくらいあるのですが、ツンデレでとても可愛いです。

呼んでも来ませんが、私が淋しくテレビを見ているとすっと寄ってきて傍に寄り添ってくれます。
「ごはん」という言葉の響きは理解しているようで、ご飯だよと言うとサッと食器のところへ走っていくお利口さんなのです。